【2017.7.22@長野】






【2017.7.22@長野】
2017.7.23
今日は、旅行記書きます。
22日、また長野に行ってきました。
AC長野パルセイロ・レディースがいつも練習をしているというリバーフロントに行ってみたかったんですよね〜。
でも、試合の前日練習は時間が早いときもあって(あと日程が出るのが遅い)、その前の日から泊まるとなるとちょっと大変だし、試合の翌日は当然オフなので、試合のとき以外で、行く機会どこかでないかなぁと思っていました。



きっかけは、しばらく前に、つっつさんが22日のトレーニングマッチに行こうかなと思っていると仰っていたことでした。あー! そんなところにいいチャンスが!
その時点では、全国的に天候も不安定だったし、行けるかまだ分かりませんでしたが、長野駅から電車でそれほど遠くない朝陽というところで、22日の夕方からびんずる祭りというのがあるということが分かって、それも行きたい!! ということで、気づいたらトレーニングマッチのキックオフ時間も11:00から11:30に変わっていて、お天気予報も一部では雨でしたが、ピンポイント予報では曇天で夜から雨らしかったので、行くことにしました。



無事に、新幹線に乗ったまではよかったんですけど。
新幹線に乗っていた午前9時過ぎ、早速ハプニング。
アモハさんがツイッターでトレーニングマッチについてつぶやいてくださったバスの時刻表を拝見して、あれ、私が考えてたのと違う、と思ったら、時刻表を降りる予定だった南屋島のところで見ちゃってて。1時間に1本しかないので、長野駅から出る、トレーニングマッチに間に合うやつには、この新幹線だとぎりぎり間に合わない笑。
この時点で、試合に遅れて行くという選択肢はなくて、スマホでタクシーの値段調べて、許容範囲だったので、タクシー使うことにしました。
運転手さんは高齢の男性でしたが、人生についての訓示を受けました。。
「人生っていうのは、『コツ』をいかにつかむかなんだよ」「それさえつかめれば、ぐーっと上向きになる」。
あと、途中で1998年の長野オリンピックのときにできたスケートリンクのエムウェーブを通りかかり、まさにそのできたてのエムウェーブで金メダルを取ったスピードスケートの清水宏保さんの話をしたり(懐かしい!)、いまちょうど日本記録を出して話題になっている同じくスピードスケートの小平奈緒さんのことを話したり。小平さんは生粋の長野県人なのですね。30歳。中野さんと同じ、1986年の生まれです。中野さんと同じ年ということで気にはしていましたが、ちょっと応援する気持ち増えたな! 女子サッカーの注目度についてもお話を伺うことができました。
というわけで、タクシーは、お金かかるんですけど、お話をすると、地元にどれだけ女子サッカーが定着しているかを知る手がかりになるので、いい機会だったりします。でも、ちょっと予算オーバーなので、後の予定を少し調整しようと思いつつ。。



リバーフロントには10時半過ぎにはついて、うわぁ、河川敷な雰囲気だわ〜♪
ここには、パルセイロの事務所棟もあるので、まずその建物に寄ってみました。受付兼小さなショップもあって、記念に何か買おう。と言っても何か安いものあるかしら。。あ、ツイートで見かけたパルセイロのロゴ入りマッキー(マジック)がある!
ということで、それを購入するとともに、受付にいた女性の方に、どこのグラウンドでトレーニングマッチがあるか、見学はどこで可能かを伺いました(わかの観戦日記さんのところで、周囲の土手で観戦可能ということは分かっていましたが)。


千曲川リバーフロントスポーツガーデンの建物。パルセイロ・マッキー。建物内のロビー?の戸棚?の上に、3つのだるまが乗ってましたよ。そのうちのAC長野パルセイロ・レディースのをパシャリ。今はまだ片目。もう一つの目、入れたいですねぇ。


Bグラウンドに向かいます。
ありがたいことに、Bグラウンドでは、ピッチのサイド奥に低木の植え込みがずらっと植わっていて、そこの手前は日陰になっていたので、そこに陣取りました。


書いていただいたメモ笑。中央、千曲川リバーフロントのBグラウンド遠景。のんびりしてます。右、何か上空を飛んでた。

タクシー使ったので、かなり早く着いたんですが、見学を始めてしばらくしたら試合開始。11:00だったようです。早く来てよかった。。



フォーメーション・メンバー等は公式でも非公開なので、ここでも中野さんのことを少しだけ。
いつもと多少違うメンバーが見えて、最初ツートップを見たらいなかったので、中野さん出ないのかな? と思ったら、この日はボランチでした(ツイッターで中野さんのボランチを褒めてくださっている方がいた〜)。 中野さんのところ、よくボール回ってきていました。
開始後しばらくはお互い様子見のような感じがありましたが、1点目、中野さんの左CKから、ゴール前にいた5木下栞選手にドンピシャでヘディングシュートが決まりました。2点目は、中央にいた中野さんから右サイドの8大宮玲央奈選手へパスが出て、大宮選手がドリブルで持ち込んでシュート。間飛んで、6点目、ボランチの位置からゴール前に出てきていた中野さんに右からパスが出てきて、ドリブルで少し持ち込んでGKと1対1、充分にGKを引きつけておいての技ありループシュートが決まりました。
私が観ていた中野さん関連の得点シーンは以上です。間違っていたり、何か見逃していたらごめんなさい。
とにかく、中野さんのいる長野を観て4試合目なので、メンバーを把握するのにも、まだ背番号見ないと安心できず、時間かかる笑。私、そういうところの物覚えよくなくて。仙台のときと同じ、数をこなすしかなかろうなぁ。
ちなみに、中野さんは前半のみの出場でした。
中野さんに関して言えば、アシストではCKからのものと、パスからのものとが決まり、自らも自分の技術をしっかり使ったゴールができたので、いいイメージがつかめたんじゃないかなと思います。
トップにいた14泊志穂選手への、決定的な長めのスルーパスもあったなぁ。決まらなかったんですけど、スピードもコースもいい感じだった〜。
試合後には、かごに入ったボトルを、出場していた選手に配って回っていました。



さぁて。これから夕方まで時間潰さないと。


左は座っていた背後にあった植え込みの植物。小さなクリーム色の花が咲いていました。日陰くれてありがとう♪
右は、グラウンドから事務所棟に上がっていく階段。


バスの時間までまだだいぶ余裕があったので、事務所棟の自販機で飲物を買って、トイレを拝借。トイレに置いてあったトイレットペーパーに、「千曲川リバーフロントスポーツガーデン」ってはんこが押してあった!!笑
それから、せっかくだから、千曲川が見えるところまで行けないかな? と思って、ちょっと暑さが増してきていたけど、思い切って事務所棟を出て歩きはじめました。


リバーフロント沿いの道に「千曲川」の看板。ここまで水が来ることもあるってことかしら。リバーフロントは住所が「屋島」なんですけど、ここの橋も屋島橋と言うそうです。中央は、長い橋のうち、川にかかるところの大きな橋。右が千曲川です。今はそれほど水量が多くないのかな。


千曲川も見られたので、長野駅に戻るバス停を探します。
ちょっと迷ったりもして、、。屋島橋のある通りをそのまま戻ればよかったんですけど、タクシーで来たときに別の道を通ったので、分からなく笑。
バス停、たどりついたら、最寄りの南屋島じゃなくて、もう一つ長野側の屋島のバス停まで来ちゃいました。


左はバス停を探している最中に出会ったひまわり。元気もらいました。右は屋島のバス停。年季入ってます。


無事にバスに乗れて、のんびりと長野駅まで戻ればいいやって。
というのも、バスが途中で長野駅東口というものを通って、JRに乗る人はここで降りるようにとアナウンスがありました。このバス停で、途中からけっこう混んできていたのが、どっと人が降りていきました。
終点は長野駅だし、そこまで行っていいのだよな? と思って、前に座っていた女子学生に聞いたら、「はい、ここからぐるっと回って最終的に長野駅前に着きます」とのこと。
時間もあるし、乗っていきました。終点までけっこう駅があったな。
結局、終点まで乗っていたのは私一人笑。
運んでいただき、ありがとうございました。



お昼ご飯だな。
この時点で15時前。行きの新幹線で、自宅の最寄り駅から買ってきたものを少し食べていたので、それほど空腹じゃなかったですが、エネルギー切れると困りますからね。
この間と同じお蕎麦屋さんでもいいけど、、(何となく天ぷらが食べたかったから)、駅ビルMIDORIの3階に行ってみたら、別のお蕎麦屋さんが入っていることに気づきました。
のれんの前まで行ってみたら、季節限定の筍汁せいろというのがありました。
根曲がり竹と鯖缶を使った味噌仕立てのつけそば? 筍も鯖缶も好きよ。食べてみたい! というわけでこのお店に決定。
奥の靴を脱いで上がるエリアに通されて、ここならゆっくりできそう。
ちなみに、お店の名前は「みよ田」さんです。
お蕎麦は、組み合わせを想像したとおりの味というか、不思議な味だったんですけど笑、それはそれで美味しかったです。これから時間を潰すのにまだ何か食べる可能性があるなと思ったので、お蕎麦を130円引きで少なめにしてもらいました。
このお店でよかったのは、そば湯が大量に来たこと!!
そば湯、大好き。
残ったつけ汁に入れながら、飲んでいって、お店も空いていて、もうしばらくいても大丈夫かな、それなら何か肴がほしいなと思ったので、おそばのロールケーキというものを頼んでみました。
400円で少し値がはりますが、これとても美味しかった。そば殻?が振りかけてあって、それも合わせて美味しかったです。冬になったら絶対お持ち帰りして、母親にも食べてもらいたい。


みよ田さんの入口。筍汁せいろ。おそばのロールケーキ。ロールケーキはレジのところで切る前のものが売っています。




16時前になって、よし、移動しようと思いました。
本当は、練習試合の後、長野に戻ってきたらどこかで眠らないと夜まで持たないなと思っていて、デイユースをやっているホテルを当たっていたのですが、どこも満室。最悪これはラブホだなと思っていたのが、この時点での私は、全然元気でした。
タクシーで予算オーバーしてるし、これは起きたまま時間を潰せる、と判断。
実は、トレーニングマッチのときに、試合終了後、近くで見学なさっていた方に「長野駅周辺で時間を潰せるところ」を伺っていました。
2カ所教えていただいたのですが、その1カ所に行ってみました。
そこは、みよ田の入っているのと同じ駅ビルMIDORIの、2階にあるらしい。2階というのは、長野駅のJRの改札があるのと同じ階です。
実は最初よく分からなくて、長野駅の観光所に入って、聞きました笑。
教えていただいたとおり、そのお店はMIDORIの2階の奥にありました。
信州の日本酒とか、ワインの利き酒ができるお店なんですって!!
ここでガソリン注入!


左、まずはこれが目に入りました。中央、さりげないお店ののれん? 右はお酒を出してくれるカウンター。「醗酵バー」って笑。


いろいろセットがありましたが、とりあえずいちばん上にあった夏酒セットという日本酒のを頼んでみました。
おちょこで3種類飲めて、この日は佐久市の橘倉酒造の無尽蔵、岡谷市の豊島屋の神渡・夏誂純米(「神渡」は「みわたり」って読むらしい。「誂」はあつらいって読むのかな?)、塩尻市の笑亀酒造の笑亀・なつなまというのが飲めました。
それから、このお店に歩いてくるまでに、「ジビエ」という言葉が目に入って。ああ、信州はジビエも確か有名だったなと思って、メニューにジビエの盛り合わせというのがあったので、少し早い夕食にしようと思って、それを頼みました。
注文カウンターの前は、立ち飲みスペースがあるんですが、バーカウンターの前にはテーブルと椅子があるスペースがあって、そこが空いていたので座れてラッキー。


左がバーカウンターで出してもらったときの写真。ちゃんと酒瓶も一緒に見せてくれました。右がジビエの盛り合わせ。ロース(右下)とサラミ(上)と味噌漬け(左)とのこと。一緒についてきた野沢菜(多分)のわさび漬けが酒の肴として優秀でした。


ジビエと言うと、私はすぐ鹿肉を思い出しますが、調べてみるといわゆる「狩猟肉」のことで(牧畜で育ったものじゃないという意味で)、他の動物の肉もあるんですね。
信州ジビエというと、やっぱり鹿みたいだけど。

【サイト】信州ジビエ
http://www.shinshu-gibier.net/


ジビエについては、またちゃんと味わう機会があったときにでもゆっくり。



そして、唐突にまたポケモンGOを起動する笑。
ちょうど、バトルジムにアクセスできる場所でした。


今は、バトルジムもこんな風景なんだな。ポケモンがいっぱい。ジムレベルによってモンスターの数が変わる感じなのかな。


左下に赤い卵マークが出ていますが、これが「レイドバトル」という、トレーナーが協力してモンスターを倒して特殊なモンスターをゲットできる戦いがあって、そのためのマークらしくて。
そのシステムができてから、まだやったことないんです。
その時点で、レイドバトルまであと1時間46分とかだったかな?
んー、18時過ぎちゃうな。またの機会に。
ここのジム、「長野駅前噴水」って書いてあるけど、噴水なんかあったっけ?
これも保留事項で〜。



17時過ぎたあたりで、ツイッター見ていたらもう朝陽びんずる(お祭りの正式名称は、どうやら「あさひ・ふるさと祭り」)に行っている人もいて、すでに賑やかそう。
お祭りのタイムテーブルをツイッターで見かけて、びんずる踊りは18:30〜だということだったので、18時までくらいに朝陽に行けばいいかなと思っていたけど。
行っちゃうか。


左、長野電鉄ってJRじゃないんですね。JRの駅の外に入口が。中央、こういう切符で電車に乗ることも珍しくなりました。右、長野電鉄。この電車は「信州中野」行きでした。どうやら長野には「中野」という地名があるみたいですね。何か、ツイッターでもよく見かけるようになりました。


車内で、ちょっと気になる吊り広告が。「BEER TRAIN」。
この長野電鉄で、特定の日に、ビール飲み放題の列車が走るらしい。電車に乗りながら飲むのも楽しそう。電車内の食事って、今はなき上野から札幌までの夜行列車の北斗星で、朝食を函館あたりの雪景色の中で食べたのがいちばんいい思い出です。


7月〜9月上旬までの水曜日と金曜日の特定の電車? すでにけっこう「満員御礼」になっている日もあるみたい。飲み放題だけじゃなく、お料理も用意されているらしい。景色はどんな感じなんだろう。いつか乗りたいな〜。


長野電鉄のこと調べようと思ったら、長野電鉄を含む「ながでんグループ」公式にどーんと宣伝されてた。

【記事】「ながでんビアトレイン」運行決定!!今夏はハイボールも飲み放題!!【7月21日更新】(ながでんグループ)
http://www.nagaden-net.co.jp/news/2017/07/post-114.php




程なくして、朝陽駅到着。
商店街の方に向かうと、もう、お祭りの雰囲気。
歩いていったら、いろいろ発見が!
広場のようなところに置いてあった、すごく大きなアルクマ(アルクマについては、先日の長野の旅行記の最後の方を参照くださいませ)がいました。バルーンになってて、中に子どもたちが入ってトランポリンできるようになってて。いいなぁ。こういうとき、ホントに子どもになりたいと思います。切実。
そして、電球ジュース。。。高さ20センチくらいの大きな電球型のグラスに、ジュースが(4色くらい選べました)入ってて、底が3色に光ってるんです。意味分からない笑。お祭り、こういうところが楽しいですよね。


左、朝陽駅を出たところに落ちてたマンホール。やっぱりりんごがあしらわれたデザインでした。周囲にりんごの実、中央は花かな(ツイッターでは載せたみたいだけど、旅行記にはあげてなかったのでここで)。中央、でっかいアルクマ。右、あまりのことにツイッターで動画まであげちゃった電球ジュース。


寄り道、寄り道して、いちばん奥のパルセイロのブースへ。
予定どおり、31望月ありさ選手と7坂本理保選手がいました。←すみません、まだ背番号つきフルネームで。
ちょっとひるんだけど、勇気出して近寄っていって。何か買おう、でも何が買えるかな、、。あ、ミニタオルがありました。
そういえば、このミニタオルにもあしらわれていましたが、長野パルセイロのマスコットは、ライオーと言うんですね。何かいるなとは思っていましたが、あんまり興味がわかなかった。
って!!! いま検索したら、公式のページに当たって、あら、何人もいる? ファミリーだって言うじゃないですか。
ライオーがパルセイロの宣伝部員ですが、パルルというお姉さんがいて、彼女はレディースの宣伝部員だって書いてありますよ!! 見たことない。。
「今後の活躍に乞うご期待!!」
はい!
これもまた、公式へのリンクだけ置いて、この先パルルちゃんに遭遇したとか、何か機会があったらちゃんと〜。

【サイト】マスコット(AC長野パルセイロ公式)
http://www.parceiro.co.jp/club/mascot/index.html


それでね、ミニタオルを袋に入れてから、望月選手がちょっと遠慮がちに小さな声で「サインしますか?」って。
・・・。
私は基本、中野さん以外にはサインいただいてこなかったので、一瞬、固まったんですけど、いや、ここで断るのはよくないと思ったので、「はい、お願いします」って言いました。
そうしたら、後ろにあった袋から真っ白いサイン色紙を出してきて、坂本選手が日付とサインを、望月選手がサインとチーム名を書いてくださいました。
あらかじめ、書いておくとかじゃなくてね、ちゃんとその場で、日付とチーム名も入れて、サインを書いてくれたんです。
これは嬉しかったな。チームのこと知ってもらうのにも、こういうの大事だと思いました。
「今日のトレーニングマッチ、行きましたよ」って言ったら、「ほんとですか!?」って坂本選手の顔がぱぁっと明るくなってくれて、ほっとしました。
サイン、朝陽びんずるまで来たことも含めて、とってもいい記念になりました。
坂本選手、望月選手、ありがと! ブース担当、お疲れさまでした。
(お一人、ブースにスポーツ系のとてもオーラの強そうな方がいらしたんですが、後で、元長野の佐山万里菜さんだったと分かりました。ツイッターではよくお見かけしていましたが、お顔を覚えておらずに失礼をば)


パルセイロのブース。選手のお二人はお客さま対応中で写っていないですが(許可ももらわなかったので)。右が、広場の隅で、ミニタオルと電球ジュースも一緒に寄せ集めを撮ってみたもの。現地で撮りたかったのよ(ごめん、ライオーが写ってない←重要じゃないと思ってたことがバレバレ汗)。


さて、ようやく18時半になって、びんずる踊りの時間が来ました。
スタッフのTシャツ着てる人にちょっと、びんずるについて聞いてみました。
基本は、しゃもじを打ち鳴らしながら、練り歩く感じ。実際に、踊っているところを見ると、ときどきしゃもじを打ちながら一回転してました。しゃもじを持たない連もありましたね。
あ、「連」というのは、お祭りで言うところのグループくらいの意味です。私は一度、長野の上田わっしょいを訪れたときにこの「連」という言葉を知りました。だから、長野以外のお祭りでも使うかは謎。
私はそんなに長くはびんずるを見ていませんでしたが、その間にも、レディースのスポンサーにもなってくださっているホクトや信濃毎日新聞の連も通過していきましたよ。
地元感たっぷり。
なんか、29日には篠ノ井でもびんずる踊り、あるみたいですね。篠ノ井の地元キャラクターのおしのさん(おしのさん飴についてたアニメキャラみたいなのだけじゃなくて、生きてるおしのさんというのがいるんですね)やレディースの選手たちも来るらしい。
それもまた、いつか観に行きたいな。
びんずる踊りとしては、長野びんずるという毎年8月第1週末に行われるものが、いちばん規模が大きいそうです。





左、帰るときに見た朝陽駅入口。この「朝陽駅」のフォントよくありません!? 何か郷愁あるわ〜。中央、電車の車体にあったマーク。きっと長野電鉄のマーク。右は、上で書き忘れましたけど、MIDORIを出てくる途中で買った今回の旅のお土産、みすず飴。これ、幼い頃、実家で誰かがもらったお土産で初めて食べて以来、好きなお菓子。メジャーなお菓子かと思っていたから、上田の郷土菓子だと知ったときは驚いたな。


そんなわけで、この日は盛りだくさんな一日でありました。
今日も長くなってすみません!
お疲れさまでしたm(_ _)m



追伸:これ書いている23日の夜にも、電球ジュース、まだ赤のランプだけがチカチカしています。