【もしもし?】






【もしもし?】

2017.7.23
もしもし、真奈美さん?
間違いでなければ、長野に来て試合形式での初めてのゴール、おめでとう。
あの技ありループには、見学者の皆さんからたくさんの拍手わいてた〜。よかったね(^-^) かっこよかった(^-^) いいものをありがとう。
嬉しかったです。真奈美さんがあんな素敵なゴールを決めたことも、私がそれを観られたことも。
旅行記にも書いたけど、アシストも私が観てただけで2本! CKからと、動いている最中のパスからのもので、決めてくれた木下選手にも大宮選手にも感謝だけど、これで両方ともいいイメージがつかめたんじゃないかなと思いました。前線の泊選手への長めのスルーパスもすごくいい感じだったなぁ。楽しみ。
何だか、ピッチでの雰囲気が、無理なく落ち着いてるなぁと思いました。静かなファイトが伝わってきて、それも嬉しかった。
リバーフロントは、飾り気のない、いい場所でした。あの広々した感じがいいね。
この日は、長野で少し長い時間を過ごしてみたよ。不思議と長野にいる間は全然、疲れなくて、いろいろなこと自然に吸収していける気がした。私はね、私なりのやり方で、中野さんのいる土地のことを、チームのことも含めて、だんだんに知って、好きになっていけるといいなと思っています。
帰宅中は、ストレスが高じたときに出てくる、足がイライラしてじっとしていられなくなるパーキンソン系の症状が来てちょっと困ったけど、真奈美さんのゴールシーンを何度も、アシストのシーンも合わせて脳内リピートして、乗り切りました! こんなところでも真奈美さんは私のことを助けてくれているんだよ。いやいや、勝手に助かってます笑。
日焼け止め一応してたんだけど、帰りの新幹線で気づいたら腕がちょっと焼けちゃってたんで、真奈美さんの仙台からの退団発表が出た日、試合に帯同してなかった埼玉戦でもらったちふれの日焼けした肌用化粧水を塗って、しのいでます。行った甲斐があったな!
じゃぁまた。がちゃ。

2017.7.18
もしもし、真奈美さん?
試合、お疲れさま。オフはゆっくり休めたかな。
南長野の応援はすごかったね。私まで思わず声出しで加勢してしまったよ。試合中ずっと、魔法がかかったみたいな素敵な時間だった。
長野の結果だけから見れば、しんどい試合だったけど。。
3点とられたあとのキックオフに立った真奈美さんは、さすがに気落ちして見えた。
4点目のあとのキックオフのとき、カメラ越しに目が合ったね。
何を考えてたの?
私は、小さな声で「大丈夫。観てるよ。頑張れ」って言いました。
マッチデープログラムのマッチプレビューで、美濃部GMが前節の真奈美さんのことを「鋭いパスを何度か出していた」って仰ってくださっていたね。前節の前半のいくつかのプレーは本当にそうだった。
今節では日テレは巧くて、得意のボールキープもままならない相手。CKの精度もまだ本来じゃなかったけれど、ドリブルのスピードは出てきていたし、身体がだいぶ自由に動いてきたように見えたから、本領発揮までもう少しかな。
この日、観ていてね、ああ、やっぱり真奈美さんにしかできないプレーがあるなって思ったよ。
それはね、本当に魅力的な、観る価値も、試合の中での価値も、あるプレーなの。私が勝手に好きなだけじゃなくて!笑
ボールそのものに対しての動きもそうだし、この先、きっと生まれてくるのであろう結果につながる連携の片鱗も見えてきてる。
チームメイトの皆さんとのお互いの理解が進めば、このチームでもきっとそれは実る。
誰との、どんなプレーだろうね?
あ、今節のイメージギャラリーの表紙の真奈美さん、右足で(!)シュート打ってるとこだったよ。かっこいいよ。あ、ドリブルしてる最中のもすごく素敵だった。真奈美さんにもカメラマンさんにも感謝。見てね。
がちゃ。


2017.7.16
もしもし、真奈美さん?
朝っぱらからごめん。
いま、スマホの画面を、選手紹介のときのオーロラビジョンの真奈美さんにしているんだ。
真奈美さんはこちらを振り返って、誰かを思うような表情で見つめてる。それを眺めながら。。
真奈美さんはきっとサッカーがしたいだけだったんじゃないかなって。でも、才能があったから、こんなところまで来ちゃったんだね。
そして、真奈美さんがここまで来てくれなければ、私はあなたに会えなかった。

今はただ、真奈美さんの力になりたいの。今までいっぱいいっぱい力をもらってきたから。
その結論がそばに近寄らないことだなんて、本当に私は残念な人間だと思う。
力になれるかもしれないと思うこと自体が傲慢だとも思う。
だから、せめて私にできること、感謝をするね。今までよりもっともっと。
真奈美さんのプレーが観られることに。真奈美さんがサッカーをしてくれていることに。
今、私が真奈美さんを応援できている、この状況を作ってくれている、すべてのことに。
行ってきます。がちゃ。


2017.7.13
もしもし、真奈美さん?
どうせ断線してるんだけど笑、またかけてみた。
真奈美さんと呼べるのも、もうここだけになっちゃったな。
体調はどう? 入団の決意から引っ越しも含めて、以前に住んだことのある土地だと言っても、本田美登里監督のところだとは言っても、新しい環境だもの。無理のないペースで慣れていってね。真奈美さんが本来のペースを取り戻すのを、のんびり待ってるから。その間も、ちゃんと見てるから。

私の病気のいちばん残酷なところは、人を心の底から信じることができないところ。好きな人ほど、余計に、信じることができない。だから、今いちばん信じることができない人は真奈美さんです。
こんな私じゃ、ダメだなって。そばには行けないなって。
先週の試合後、監督や選手の方々と、サッカーの話をしているのであろう(きっとまた、真奈美さんらしい言葉で)真奈美さんのことを遠くから見ていて、そう思った。
真奈美さんには、今、前向きな力がとてもたくさん必要なんだって。私が抱えているような後ろ向きな感情は、真奈美さんのそばに近寄らせたくないって思って。

あ、信じられないって言ってもね、サッカーに関することは、もう真奈美さんのベースとして絶大に信頼しているから、それは全然別。真奈美さんが、真奈美さんらしい(と私が勝手に感じる)プレーをしてくれるときが、いちばん嬉しくてドキドキする。うーん、無理矢理言葉にすると、それを観ている自分が「生きててよかった」って思うっていうか。それはね、小さな声で言っちゃうと、実はちょっと真奈美さんらしいダメなところを見たときも同じだったりする笑。あー・・・って。でも、それも含めてプレーを観られていることがホントに幸せなのですよ。
だから、帰ってきてくれて、ありがとう。←これ、ちゃんと言ってなかったよね。

真奈美さんと出会って、仙台に渡り、2カ月お休みして、長野に来たことの、私のとっての意味。あまりに大きくて、運命って本当にあるんだって初めて思った。あ、運命を感じているのは私だけだって、もちろん分かってるよ。
真奈美さんは、神さまが私にくれた、これまでの人生で最大のセレンディピティなんだと思う。そのことが、もう何度も泣いてしまうほど、とてつもなく嬉しくて。
セレンディピティって言葉ね、2010年に偶然観たプレーでサッカーの世界へ私を帰してくれた松井大輔選手の、その頃の奥さまがブログで教えてくれた言葉。Wikipediaの言葉を借りると、「素敵な偶然に出会ったり、予想外のものを発見すること。また、何かを探しているときに、探しているものとは別の価値があるものを偶然見つけること」。
私は、真奈美さんと、父親のことやそこから発したと言える私の病気のことが、こんな形で結びついて、しかも前へ進むための道を切り開いてくれることになるなんて、まったく思ってもいなかった。
真奈美さんは、他の誰にもできないやり方で、他の誰にもできない贈り物を私にくれたんだよ。真奈美さんが気づかないうちに。
私は、この贈り物を、自分がこの先も生きていく力にできるように、きっと、してみせる。どのくらい時間がかかるか分からないし、外見からすると悪化したように思えるときもあるかもしれない。でもね、最終的にきっと新しい私のスタート地点に立てるんじゃないかって云われもない自信がある。今頃の年でスタート地点って、笑っちゃうけど。精神年齢は17歳ですからね!(絶賛、成長中)

今日も、練習が終わった頃かな。そちらはここのところ雨が激しいみたいで少し心配だけど、美味しいもの好きなだけ食べて、よく眠ってね。
またかけます。がちゃ。


2017.6.24
もしもし、真奈美さん?
先週は電話できなくてごめん。
ちゃんと観戦はしてたんだよ。埼玉スタジアム(第2グラウンド)に、埼玉対伊賀の試合を観に行ってきた。埼スタは、4月28日に第4グラウンドで行われた仙台の前日練習を観に来て以来だった。あのときの真奈美さんの様子、よく覚えてる。あのとき、あそこにいられてよかったなって今でも思ってるよ。
先週は、関東で1部だけで3つの試合があって、迷ったんだけど、、湯郷にいたときにお世話になった野田朱美監督(2013年にテクニカルアドバイザーとして。これが翌年の湯郷の優勝につながったと私は思ってる)と種田佳織コーチ(当時の監督として)のいる伊賀というチームを一度ゆっくり観たいなって思って。別にサッカーのこと詳しいわけじゃないから何を見るって明確な目的があったわけじゃないけど。伊賀もずいぶん人が入れ替わっているので、そこらへん把握もしていなかったし。ただ、湯郷から来ている人は意外と多いよね。ちょうど女子サッカーにおける数少ないお友達の一人であるまいさんが、湯郷から伊賀に移ってきた選手を引き続き応援していて、なでしこリーグのトップスポンサーのプレナスが出している応募プレゼントで当たったチケット(カップ戦の第2節〜第10節の埼玉のホームゲームに使えるというやつ)を分けてくれてね。ちなみに今もプレナスのチケットプレゼントは続いていて、今はリーグ後半戦のを各試合別に募ってる。あまり存在を知られていないのか、知る範囲では、けっこう当たる確率高いような。私はまだ応募したことないけども。
それで、当日は370人という寂しい観客数だったので涙、全然混んでない会場で、まいさんと二人で観戦させてもらいました。久しぶりにゆっくり話せて嬉しかった♪
ちょっと座席が低いせいもあって、ピッチの全体像が分かりにくかったので、知りたいイメージではチームを十分に把握できなかった。。伊賀は歴史も古いし(私が知るかぎり、毎日新聞の三重版が必ず伊賀の結果を採り上げてくれてるけど、昨年の通年の見出しは「挑め40年・伊賀FCくノ一」だった。40年!)、2012年からエクセディという企業が一手に雇用を引き受けてくれているので(最初の3年契約を伸ばしてくれてるんだね)練習時間も全員そろった状態で確保しやすいだろうし、環境的には恵まれていると思うので、野田監督が就任したときにはリーグでの順位を上げてくるかなと期待していたんだけどね。意外と苦戦してるから、どうしてかなぁと思ってて。まぁその理由は、そんなに簡単に分かるわけはなかった。
試合は、ボールがよく動いて、その行方だけ眺めている分にはよかったけども、何だろ、目の覚めるような決定的な攻撃は両チームともなくて、伊賀の守備のほころびを埼玉がついて2点。結果は2-1で埼玉。あ、でもね、前半にいったん追いついた伊賀の1点は、まいさんが応援している大久保舞選手がCKを蹴って、DFでゴール前に上がっていた佐藤楓選手がヘディングで決めたので、大久保選手にアシストがついた〜。大久保選手をちゃんと観たのはこの日が初めてだったけど、アクセントをつけられるような独特の身体の動きをする選手だなって思った。セットプレーを蹴るモーションもきれいだった。私は真奈美さんのモーションの方が好きだけど照。
試合後、出待ちも一緒にして(私は単に完全におつきあいでファンサの間は離れて見てた)、まいさんといろいろ女子サッカーの置かれた状況について話してて。私が、応援の仕方はもちろん人それぞれでいいし、選手との距離もそれぞれでいいのだと思うけれど、もう少し試合の生観戦や選手との距離が遠くても女子サッカーを応援してくれるような層を広げられないかなって言ったら、そこまでの需要があるかって言ったらないんじゃないかなって言われて。そうか、それはとても冷静な意見、本当にそうかもと思って。そうなると、熱心になればなるほど、頑張ってる選手の彼女たちに直接届くような(いわゆる現地観戦で横断幕を出したり声出し応援するとか、出待ちして差し入れとかしたり、ファンサをしてもらうような)応援にしかなりえないのかもなと思った。うーん、でもね、何かもう少し全然関係のない人でも女子サッカーにアクセスするきっかけのようなものが作れないかなぁって思うんだよね。そのためにはアイドルも必要、というのが私たちの結論になって、そういう役割をしてくれている選手も出てきているって分かってるけれど。魅力的な選手の存在に敵うほどのことは、簡単にはできないとも思うけれど。第一、今の自分に何ができるっての。って、ここで思考停止よ笑。
以上が先週の私でした!
さて、今週のサザエさんは。。。
多摩市立陸上競技場、略して多摩陸に、日テレと千葉の試合を観に行ってきました。多摩陸に来たのは、2015年10月以来です、ってチェックインのアプリが教えてくれました。2015年。真奈美さんが仙台に移籍した年。2月の交流戦に始まって、3月の関東遠征、そしてリーグが始まって5月まではできるだけ応援に行っていたけど、真奈美さんがもう仙台でやってけるって思ったら脱力とともに体調が悪化して、途中悪い妄想もわいてなかなかコントロールできず、ようやく観戦を再開できたのが、この10月での多摩陸だった。仙台の応援、ゴール裏、総勢52人だったかな、アウェイ恒例のベガルタオーレはメインスタンドで観ていた私にもかなり感動的だったなぁ(今もYouTubeに動画が残ってるし、2015年の年間のリーグダイジェストでもこのシーンが使われていたよ)とか思い出していた。
で、今日はリーグでもトップを走ってる日テレをゆっくり観たいなって思っていました。座席の混み具合で、アウェイ側に座っていたんだけどね。
日テレの選手のプレーは、基本的な技術が高いよね。それを観ているだけでもかなり楽しい。狭いところのパスを通してったり、トラップや身体を入れてかわす技術もみんな鮮やかだし。走るコースとかパスの切れもいい。千葉も日テレの攻撃を水際で何度も防いで、ずっとしのいでいて、結局、点が入ったのは85分。日テレ。阪口夢穂選手。シュートの跳ね返りをすかさず決めてきた。阪口選手らしい得点かな笑。2015年、2016年とリーグの年間MVPに輝くだけの選手だよなと思いました。阪口選手を観ていると、いちばん輝いていた頃のなでしこジャパンの匂いがするんだよね。もちろんメンバーだったんだから当然なんだけど、試合に対する自分のスイッチの入れ方とか、今は様子見っていうような力の抜き方とか、そういうの。試合を動かしていく、采配していく力というのかな。ただボールの行方に忠実にプレーしているだけじゃない。
あ、そういえば、日テレのCKから阪口選手がシュートした(記憶ではヘディング)ボールに対して、両チームのほとんどの選手がゴール前で一時団子状態になるという珍しい場面が観られたよ笑。団子が解けたら、今日を最後に、海外移籍を目指して千葉を退団すると電撃宣言した山根恵里奈選手が、その真ん中で座ってボールつかんでた〜。
そんなこんなんで〜←これ今も自分で使ってる?笑、結果は1-0で日テレ。
試合後、千葉はもちろん、日テレの応援団からも、山根選手に激励のコールが飛んでて、山根選手も日テレの応援団の前まで行って、それに応えてたな。微笑ましい光景でありました。
あ、余談で。今日はとても暑かったんで、運営からも水分補給をこまめにするようにアナウンスが出ていて、一応自分で用意はしてあったんだけど、そうね、もう少し気をつけとこと思って、試合前に競技場の外に来ていた出店に行ったのね。そこでフローズンフルーツが乗ったかき氷を頼んだんだけど、たまたま他に誰もお客さんがいなくて。そしたら、お店の人が「あの、ちょっと聞いていいですか?」って。「はい」って言ったら、「ここでの試合では、いつも出店は出てるんですか?」。んー、私もそう度々多摩陸に来てるわけじゃないからな、と思ったけど、「多分いつも一つくらいは最低来ていたと思います」って伝えて。「でも、最近は観客数が減っているので、出店が確実じゃない可能性を考えて、特にここは来ちゃったらどこかに食べ物を買いに行けるところじゃないので、食事に関してはあらかじめ自分で用意されている方が多いと思います」って付け加えました。「出店が出ることをあらかじめチームのHPででも紹介してもらえればお客さんも安心して買えると思うんですけど」とも。でも、そういうことを全然知らずに出店って出すものなのね。。せっかく来てくれるんだから、お店の人にも儲けてもらって、女子サッカーでも多少はお金になるなって思ってほしいよね。ハーフタイムに、お店の様子を見るためもあって、また(今度はお酒を買いに笑)行ったら、水分を求める人で行列になってました。食べ物はどのくらい売れたか分からないけども、ちょっとほっとした。
以上、2週分の報告終わり!
真奈美さんは元気? いくつか、ちょっと聞こえてくることもあったりして、私もちゃんとまた応援(観戦じゃなくて)できる身体に戻らないとなって思っています。
真奈美さんのことは応援できると思うの。現地にも行こうと思うの。HPでの情報の記録とかも今までのようにやりたいの。
でも、新しいチームで観戦でお目にかかる方々、お世話になる方々にちゃんとご挨拶ができるかどうか、自信がないんだ。
それに、いちばん情報の回転の速いツイッターアカウントで、今までのようなチームの情報収集とか拡散とかをちゃんとやれる自信もあんまりない。。今は昔から持ってた自分の個人のアカウントで、自分が観戦に行った試合のこととかは公式のものを中心に情報を拾ったりつぶやいたりしてて。女子サッカーに出会う前の自分と、女子サッカーを観てる自分をちゃんとリンクさせたいって思って、そうしてみてる(Instagramのアカウントを作り直して、そこで主に試してる)。でも、個人のアカウントではメンヘラ(一般に精神に支障を来している人たちのこと)に関連する情報を拾っていたり、私の日々の生活や考えを支えてくれてるようなツイートも拾ってるから、それを真奈美さんのHPに持ってきちゃうと、真奈美さん以外の情報がたくさん混入することになるし、後々ツイッターのログを見たときにも、真奈美さんの情報(もしくは広くても女子サッカーの情報)はそれだけでまとまっていた方がいいよね。。真奈美さんの応援アカウントでは、これまでにつながっていただいた方々とのご縁だってあるし、そこからいただく貴重な情報もあるんだけど、、今はその中へはちょっと戻れない。
この私の統合作業は、真奈美さんの退団と思いがけず時を同じくして始まったもので、今、発病後、最大の回復期にある私にとってとても大事なことで、だから急げないけど、私なりにもう少し模索してみる。もし真奈美さんの動きに間に合わなかったらごめん。でもね、以前からずっと私が好きだったものの中に混じって真奈美さんのことが書けるのって、すごく嬉しいんだ。これまではずっと真奈美さんのところだけが特別になってて、他のこととは乖離してたの。私の中も乖離してた。それには多分それなりに理由があると思ってるけど、その話は今日はやめとくね。
だいぶ長くなっちゃったし。私も眠くなっちゃった。明日もいい日でありますように。おやすみ。がちゃ。


2017.6.11
もしもし、真奈美さん?
この電話、断線してるって! 分かってるんだけど〜。くだらない報告できる人が他にいないんだもん。
報告の前にね、また今年もね、この季節に真奈美さんと縁を切らなくちゃって思っちゃって。今回は、悪い妄想からじゃなくて、本当にそれが私が真奈美さんのためにできる唯一のことだって思って、超明るく決心したんだよ。女子サッカーや真奈美さんに関わるものみんな片付けて(ごめんスパイクだけは片せなかった)。真奈美さんがこれで余計な負担から解放されるって思ったらとても嬉しくて。真奈美さんと離れるためって、Instagramも新しいアカウント作って。でも、翌日外出して歩いてたときに、結局やろうとしているのはいつもの年と変わらないって気づいたとき、何かやっぱりおかしいのかもって。。今はまだ、何が正しいのか分からないんだけど、真奈美さんとの縁を切っても、真奈美さんを通して生まれたたくさんの縁まで切ることはできないなって思った。今は女子サッカー関連は保留させてもらっているところもあちこちあって、HPの扱いもうまくいってなくて、本当は今が肝心なときなのに心苦しい。でも、新しいInstagramのアカウントに自分が投稿したことを見て思ったの。今の機会に、女子サッカーに特化しちゃった私の部分と、それ以外の昔からの私の部分を何とか融合しておきたいって。少し時間をもらって、きっと本当の私らしい私になる方に向かって進んでいこうと思う。これまさに「自分を見つめ直す」ってことかも。だから、いったんは女子サッカーからも離れなきゃって思ったけど、今週も試合を観に行ってきたよ。
今日(もう昨日だ)はね〜、フクアリで開催された、千葉では初のダブルヘッダーの試合、夕方から始まる女子の試合だけ観に行ってきた。
行く前にツイッターで確認していたら、、あ、今は真奈美さんの応援アカウントはお休みさせてもらってて、個人の方のアカウントだけ閲覧・投稿しているんだけど、こっちのアカウントでツイッターを始めた初期=2009年の秋かな、その頃から一方的にフォローさせてもらっている人の一人が、多分関東圏にお住まいの?アビスパ福岡を応援している人でさ、こっちのアカウントの私のTLではサッカーのことつぶやく人、その人しかいないのよね笑。で、今日のトップの試合の千葉の相手が福岡だったんで、その人、観に行っていたみたいで、今日のフクアリを襲った砂嵐のことを書いたりRTしたりしてて、トップの試合のときは視界がかなり悪くなるくらい砂埃がひどかったようで。それが理由で、その後にあるレディースの試合、断念しちゃった人も多かったみたい。残念。その人も帰っちゃってた。
私、実はフクアリ初めてだったんだ。ずっと行ってみたいと思っていたスタジアムだったから、今回は本当にいい機会だった。昔、真奈美さんの試合に行けないときは関東で開催される試合を観に行ってて、日テレとか浦和を観に行った記憶はけっこうあるけど、考えてみたら千葉のために試合を観に行ったことなかったなぁって気づいた(もちろん相手が真奈美さんのいるチームで体調がOKなときは観てたよ)。
入場して、どこで観ようかなぁって思って、せっかくだから2階席の高〜いところにしてみた。今日は応援じゃなくて、観戦だからね。気を楽にして眺めようと思って。とてもいい観ごこちだった! 椅子にはうっすら砂埃が積もってたよ。持ってきてた雑巾で拭いた笑(前にベガサポのかたにいただいたやつ)。でも一度は拭いた感じがあったな。会場のボランティアの皆さん、大変だったんじゃないかな。女子の試合のときは、もう砂嵐は完全に収まっていて、助かりました。
座席確保した後は、コンコースを一周して、スタジアムグルメをなんか食べようって思ったの。少し食べ物買っては来てたんだけど、体力に余裕あったのでせっかくだし。でも食べたいものがなかった笑(前日カレー風味の食事だったので、美味しそうだったけどカレーはパス)。チュロスは売り切れてた笑。で、お酒を買っちゃった。沖縄産マンゴー酒とかっていうの。夕方だったしね。←言い訳
あ、そうそうコンコースを歩いているときに、スタジアム内でかかった曲があって、、「人には人のそれぞれのカラー/君しかできないことがあるから/見つけることが最優先事項/見つめ直す時間が強くする」って聞こえてきて、この曲、今の私にとっても(もしかしたら真奈美さんにとっても)大事かもって思ったから急いでスマホのSoundHoundのアプリで解析したら、ベリーグッドマンの「ライトスタンド」って曲だった。ちょうどそれが分かった頃に、会場のアナウンスが聞こえてきた。何か今回のダブルヘッダーのための企画で、「ジェフレディース推しメン総選挙」ってのがあって笑。その存在は知っていたけど、その第1位になったのが鴨川実歩選手で、この曲は、鴨川選手のリクエストだったんだそうです。今、千葉の公式HPチェックしたら、試合前に上位5人がもう出てて、今日の投票で最終順位が決まるってことらしかった。で、その総選挙とは関係なく、深澤里沙選手や櫻本尚子選手のリクエスト曲が紹介されて流れてたよ。知りたい?知りたい?深澤選手は平井大の「For The Future」、櫻本選手はスガシカオの「Progress」でした(前者はアプリで解明、後者はNHKの『プロフェッショナル 仕事の流儀』の主題歌だから知ってた。今調べたら厳密にはスガシカオを含むkokuaっていうユニットの曲なんだね。意味はハワイの言葉で「協力する、協調する」だって)。
今日は、代表組がいなかったのもちょっともったいなかったな。山根恵里奈選手からの会場にいる皆さんへのメッセージが流れたりしていたけど。長野も横山久美選手いなかったしね。先に言っちゃうけど観客は2181人。んー。本当に本当にもっと集めたかった。
試合はね、かなり千葉のペースだった。そこらへんはツイッターでつぶやいたからいいや。女子サッカーのことを、真奈美さんに関わること以外でこれだけつぶやくのは(以前に扱っていた女子サッカーの情報の話題で出てきたときと、話し相手のファンの選手の話をするとき以外は、言葉に出すのさえ)初めてだったな。個人のアカウントの方でつぶやいたので、そもそもだいぶ意識の持ちようが違っていた気がする。
千葉にとっては大切な試合だったと思うので、2-1で勝ててよかったかな。
2点目を技ありループで決めた安齋結花選手(あ、ツイッターで安斎って書いちゃってた。スマホは今年の仙台以外、選手名を記憶させてなかった)、ヒロインインタビューで総選挙第3位だったって知らされてた。このゴールはね、個人的にこの日いちばんのナイスプレーだった。来てよかった。これじゃなくても、今日の某かのプレーで、また女子サッカー観たいって思ってくれた人が少しでも多いことを祈る。
試合を観てて思ったのは、どうやら私は、人が、特に女性がサッカーをしている姿が好きらしいってことでした。特に前半、カメラを望遠鏡代わりに使ってて感じたこと。身体の動きで何かを表現する、実行するって、私にいちばん足りない要素だからかな。
だからね、私的には観戦だけでも多分、充分なんだよね。どうしても応援しなくちゃって思わなくてもいいのかもって思った。もちろん、応援するチームや選手がいたら、サッカーはまた違った風景を見せてくれるって分かってる。喜びの種類や強度だって全然違う。その一部は私も体験させてもらった。でも、そういう見方じゃなくても、サッカーに関わっていていいんじゃないかなって。真奈美さんが不在の今は、それで充分。思い入れがない分、気づけることもたくさんあるし、言えることもある。何だかとても自由になった、視野が広がった気がする。それでも、女子サッカーと私をつないでいるのは真奈美さんだけどね。真奈美さんのプレーが生で観たいな。。んにゃ、我慢、我慢。
言いたいことは全部言ったかな! 真奈美さんの体調はどうかな、元気にしてるかな!? 今日も尻切れトンボで終わり。がちゃ。


2017.6.3
もしもし、真奈美さん?
昨日の夜、ふと、もし真奈美さんがクラスメートだったらって想像してみたのです。
んー。どう考えても、クラスの中でいくつかできるであろうグループでは、別のグループに属してただろうな。
話す機会すら、なかったかもな。
以前に数学が得意って聞いた気がするから、私も中学までは数学がいちばん得意だったので、クラスで数学のトップ争いして、テストのたびに、あ、またライバルは真奈美さんだって思って、一人でにまって笑ってたかも?笑
本当にたまたま話す機会があったとしたら、多分たどたどしく話して、でも私はそのときにした話を、真奈美さんの声を、大事に覚えていたかもなぁ。
そして、サッカーのとびきり上手い真奈美さんのことを、こっそり好きになったろうな、そこからもしかしたら女子サッカーのことも。
でももし大人になって、近くで開催される真奈美さんが出る試合を観に行っても、そのことを真奈美さんに伝えたりしなかったろうし、きっと誰に言うこともなく黙って一人で応援していて、自分も自分の場所で頑張ろうって思ってたかな。
かつてのクラスメートだったことを密かに誇りに思いながら。
仕事の合間に、匿名で女子サッカーのサイトは細々とやってたかも笑。
そんな人生もよかったな。
でも、、。
真奈美さんの情報を調べたとき、「中野真奈美さんのこと。」はないんだよな笑。
あのHPが存在しない、あのHPをやっていない自分は、ちょっと想像しがたい笑。たいしたこと、やってないのにね。
私にとっては、ということです。
今日もくだらないこと言って、終わり! がちゃ。


2017.5.28
もしもし、真奈美さん?
今日はねぇ。女子サッカーの試合を2試合観てきたよ。
木曜日だったかなぁ、ツイッター見てて、2部の試合が、保土ケ谷で1日に2試合組まれてるって分かって。
保土ケ谷はそんなに遠くないし、2試合観られるのはいいなって。1試合だと、何か、観た意味が重すぎる気がしててね。
それで、行こうと思ったんだけど。
金曜日の夜に、夢を見たんだよね。どこかのサッカー場で、サッカー観てるの。で、ピッチに真奈美さんはいないの。同時並行しているはずの試合にもいないの。ところがね、「ああ、真奈美さんがいないってこんな感じ、、」の「か」のあたりで目が覚めちゃってね。だからどんな感じか分からなかった笑。
そうしたら、何か、行くのが不安になっちゃって。だから前日の夜は、全部準備をしておいて、翌朝起きて行けそうだったら行く、って決めて、ちょっとお酒を飲んで寝ました。
案の定、いつもの時間にしか目が覚めなくて。少し考えたけど、、スマホでいつもの通り真奈美さんの顔を見たら元気が出てきて、今からだとちょっと遅れちゃうな、でも行こうって。
最寄り駅の星川駅まで着いて、行きはサッカー場までの道が上りなんで、バスを使おうと思って、バス停が駅からちょっと離れたところに(今、駅前が工事中みたいで)あるので歩いていって、ちょうど来たバスの運転手さんに「野球場行きますか?」(サッカー場は野球場のバス停から近い)って聞いたら「こっちじゃないよ反対」って言われて、そうなのか、って反対のバス停を探して時刻表確認したら、スマホで確認していたのと同じ時刻に来ると分かったので、その通りに乗ったら、しばらくしても野球場に着かなくて笑。運転手さんに聞いたらとっくに通り過ぎたよって。星川駅前からだと反対だよって言われちゃって。あらら。最初の運転手さんの「反対」ってのは何だったんだ笑。次のバス停で降りて、反対行きのバス停を探して乗って、ようやく現地到着。第1試合の後半が始まるところでした。
第1試合は、ホームがニッパツ横浜シーガルズ。対岡山湯郷Belle。今日はベルを応援するつもりではなかったので、大幅に遅れたのはこれも神さまの采配かもな。。木龍選手がゴール決めるところを観て、そのまま1-0でベルが勝利。試合後にベル時代からのお友達3人に会えて(これは嬉しかった〜。他にも応援初期から存じ上げているお2人にもお目にかかれました)、そのうちのお1人はベルが勝ったのを観るのは1年半ぶりとかって言っていて、そうかぁ、勝ててない時期もあったものな、そういうしんどい時期をベルはサポーターと皆さんと一緒に乗り越えてきてるんだなと思いました。
ただベルの勝利、私は少しほっとしたけれど、嬉しいという気持ちにはならず、、第2試合までに、行きに買ってきたおにぎりと唐揚げで食事をして。陽ざしがだんだんスタンドを下から迫ってきてて、暑くなるかもなぁと思ったけれど、第2試合の途中は少し雲がかかったので、だいぶ楽でした。日焼け止め塗っていたけど、腕と鼻の頭が焼けた笑。そうね、サッカー観戦って、こういう自然現象も一緒についてくるよね。そして、どんなお天気でも、ピッチでは選手がプレーをしている。真奈美さんもずっとそうしてきたんだよな〜って。
ふと、私、何をしてるんだろうって考えてしまいました。
こんなところで。
当初の目的では、今日の観戦は、自分の中の「女子サッカー」を確かめるということでした。
目の前の試合を観ていて、本当に久しぶりに真奈美さんがいない試合を観て(2011年〜2014年のはじめぐらいまでは遠くて行けない試合のときは、けっこう関東の他のチームの試合を観たりしていたけども)、ああ、そうね、サッカーってこういう競技だったよねとか、今さらなことを思ったり。
初めて美作で女子サッカーを生で観戦したときには、私は試合の中盤にはもうすでに真奈美さんに注目してた。そういうことって、そんなに起こるわけじゃないんだなとも思った。すでに知っている選手に対しては、ああ、元気でやってるなってそれは嬉しかったけれど。少しプレーが気になった選手はスマホでリーグ公式の試合ページを見てそのたびに名前を確認もしてみたけど。
私、どうしたいんだろう。私は今、何をしているんだろう?
答えは出ずに、2試合終了。
帰る道々、考えました。帰りは下りだったので、駅まで歩いて帰ってた。それで道脇にドクダミがいっぱい咲いているのを見ていて。こうやって、ただ試合のために身体を準備して移動させる、いろいろな交通機関に乗って、スタジアム周辺のいろいろな景色を見て、食事の用意をして現地でちゃんと食べて飲んで、トイレにも行って、目の前で繰り広げられる気持ちのこもったプレーを眺めて、それでもいいかなって。
本当は、歩いている最中に、妄想の真奈美さんから嬉しい言葉を聞いたよ。でもきっとそれはただの妄想だから、言わない。ほんの少しの間、幸せでした。
帰りの電車の中で、ツイッターを眺めていたら、次の(カップ戦の第2節だね)、またそれほど遠くないスタジアムで試合があるのが分かって。あぁ、この試合を観に行ってみようかなって思った。また、真奈美さんの不在をただ確認することになるのだとしても。自分のやっていることが何だか分からなくても。
見てないと思うけど、今シーズンは、出席簿っていうのつけててね。毎試合、画像を作ってアップしてきた。退団発表のあったの日の第8節から止まってたんだけど、それをね、また続けてみようと思った。そうしたら、それに引っ張られるように、ああ、そうだな、今シーズンは女子サッカーに一年間ついていってみるっていう課題があった(それは本当は真奈美さんに、だったんだけど)って思い出して。ちょっと欠席もしちゃったけど、初志貫徹で、そこはやってみてもいいんじゃないかなって。そうそう毎節、都合のいい場所で試合があるとも思えないけど、カテゴリー問わず探せば。少なくともそれで生活の、というか、心のリズムは保てるかもって。
あ、今日は、そう、ベルも勝ったし(まさかあの木龍七瀬選手がベルにいて、得点しているなんてね!)、第2試合でホームだった日体大は、選手紹介のときに「選手の弱点」も一緒に紹介してて、伊藤香菜子選手の弱点が人参だったり笑(荒川恵理子選手の弱点が梅干しなのは何か納得いった笑、体育大学なのに泳げない選手がいたりね笑)、対戦相手の愛媛FCには、カエルの一平くんが来てたり。えっと昨年だっけな、あ、調べたら同じ5月28日だ〜! 第11節が千葉のホームのオリプリでの試合でさ、やっぱり一平くんが来てて、試合は負けちゃって悔しかったんで覚えてるんだけど笑、一平くん、あのときは緑色だったけど、今日は青かったよ!!
って、くだらないことばかり言って、終わり。がちゃ。