【地区】






【地区】
2017.5.13
唐突に地区にいた。
ミムラが、だきちゃんとうーちゃん、ぎーちゃんにも何か食べさせていた。
「ね」「い」「に」?
文字?
「なんかー、こないだ地区にすっごい音して落ちてきたんだよ、7文字」
ミムラが肩をすくめながら呆れ顔で言った。
「またmymulaが受け止めきれなかったみたいね。まぁ内容からして、仕方なし?」
それって。
「いろいろ並べ替えたけど、『死ねばいいのに』ってやつかな? 覚えある!? こういうときばっか地区に当たるんだから」
・・・。
「ウソウソ。mymulaが本当に困ったときのために地区があるんだからね。それに今回の文字は、とりあえずオーブンに入れて焼いてみたけど、新しい味みたいで、みんな珍しがって美味しそうだよ。これ誰の言葉? ミムラも知らない人だよね」
「って、今はmymulaは話せないモードかな。ここからもいるのは分かるけど、見えない」
うーちゃんが、きしゃーっと鳴いて、ミムラに次の文字をねだっている。
「これ食べて大丈夫かな?」
ミムラの手には「死」の文字が握られていた。
するとぎーちゃんが、それを口で引ったくったかと思ったら、片足で踏みつけて粉々にした。
「さすが! ぎーちゃん!」
ミムラは拍手した。
「これ、ホントの言葉じゃないね。そうじゃなかったら、いくらぎーちゃんでもこんなにあっさり潰せない」
「そんなニセモノの言葉を、受け止めきれなかったの?」
mymulaの目から涙があふれた。涙だけが地区の地面に落ちた。
「あ、泣かないで。ごめん」
だきちゃんが、涙の水たまりを横切って、mymulaのいるあたりを、ゆっくり回っていた。
久しぶりに会えたのが嬉しくて、だきちゃんをそっと撫でようとしてみるけれど、空間の位相が違うのか、触れなかった。
「本当に地区に来てないってことは、きっとmymulaはまだまだ大丈夫だよ」
「その声の人に、いつかミムラも会いたいな? 地区に来られるような人か知らないけど」
「とってもやわらかい声。mymula好きでしょう、この声の人」
「勝手にその人の声を使って、悪い言葉を捏造しちゃダメだよ。その人が好きならなおさら」
「でもつらいときは地区においで。みんないるし。nobodyもどっかそこらへんにいるよ」
「また地区を見て回ってよ。正直ミムラにも今、この地区がどこにあってどうなってるのか分からないから」
ミムラはそう言って笑った。
「ま、とりあえず、見えないけど、久しぶりに会えて嬉しかった。おやすみ」
地区の光源が、がしゃんと落ちた。



「気になるな〜」
だきちゃんをよしよししながら、ミムラはつぶやいた。
「どんな人か断然気になる!」
「でもmymulaは帰っちゃったみたいだし、手がかりないなぁ」
ミムラははたと思いついて、地区mのところに行ってみた。
「あ! ちゃんと開通してる」
一度は水源と切り離されたはずの地区mは、なみなみと水をたたえていて、鏡のようにきれいな水面が穏やかに光っていた。
「sokoさんもまだいるのかな?」
ミムラは覗き込んでみる。
はるか下の方で、人魚のsokoさんがちらりと身をひるがえして消えていくのが見えた。
ミムラがほっとして池の縁に座り込んだときだった。
じゃばっと大きな音がして、水の中から丸いものが飛び出してきた。
「何!?」
丸いものは、うーちゃんの頭に当たって、ころころと転がっていった。
白と黒の模様の、ボール?
そこにnobodyがやってきた。
「ミムラ、ここにいたの」
「へんなもの飛んできた」
「ん?」
ぎーちゃんが喜びいさんで戯れているものを指差して、ミムラはちょっと不本意な顔をした。
「ああ、あれはサッカーボールだよ」
「サッカー?」
「mymulaがいるところでやってるスポーツの一種」
「スポーツ?」
「人が身体を使って、記録を競ったり、戦ったりして楽しむんだよ」
「戦うの? それ楽しいの?」
「戦うというのは形式的なことで、とどのつまり技術を競うことだからね。能力のある人にとっては楽しいんじゃないかな。それに、それを観る人間にとっても、その技術を観られたり、勝利を一緒に味わったりするのは感動的で面白いのさ」
「ふうん」
「サッカーは、そのボールを手を使わずに、主に足で操って競技をするんだよ」
「へんなの」
「変かな?」
「変だよ」
「ミムラは観たことがないものだからなぁ」
「nobodyはあるの?」
「地区から離れているときに、何度か見かけたよ。mymulaが好きだったからね」
「へぇ、そうなの」
ミムラはぎーちゃんからサッカーボールとやらを取り上げて、目の前に持ってきて、まじまじと見つめてみた。
「これを、足でねぇ」
「ここで出てきたってことは、ミムラが気になってる人に関係あるんじゃないかな。多分ね」
nobodyは、何か知っていることがあるように、くすくすと笑った。
「え? これが? んー、ますますよく分からない」
ミムラは、ようやく静かになった水面を覗いてみたけれど、小さな魚たち以外、何もいなかった。

2017.5.29
ミムラがいつものように文字の織物を織っているとき、目の端で何かが動いた。
「ん?」
腰掛けから立ち上がって、見回したら、家の中に転がりっぱなしになっていた、nobodyが言うにはサッカーボールとやらが、ころころと転がっているところだった。周囲には特に風もない。
「んん? このボール、自分で転がってる?」
ミムラはそばにしゃがんで、じっとサッカーボールを見つめた。
何というか、端から見ると、ボールは右へ左へ斜めへと転がって、頑張っているような感じに見えた。
ボールが動いているのを見つけた銀色の麒麟のぎーちゃんが手を出しそうになるのを、ミムラは抱っこして制して、そのまま見つめていた。
本当は龍なのだけど普段は水色のあめふらしの姿をしただきちゃんも、羽根がすべて人間の腕をしている鳳凰のうーちゃんも近寄ってきた。
ボールは、まだ頑張っている。
みんなで見つめて黙ったまま応援した。
ボールは、ついにぽんっと音を立てて。
白い手足が生えた。
「えー」
ミムラは、その唐突さにびっくりして笑った。
手足を生え終わって、サッカーボールは、ちょっと疲れたのか、しばらくだらっとしていた。
「大丈夫?」
ミムラは一応、声をかけてみた。
「はい、何とか」
ボールが答えた。ミムラは、ちょっと首を傾げて、
「その声、この前の『死ねばいいのに』の人と同じ。あなたがmymulaの大事な人? って、、あなたボールだよね・・・」
と言った。
「いや、声は借りているだけです。mymulaさんの手持ちの声が他になくて」
「そうなんだ」
その人自身が来てくれなかったのを、ミムラは少し残念に思った。
「あたしはmymulaさんの家にいるサッカーボール、だと思います。そのつもりでずっとやってきました。なんでここに来たのかはよく分からない」
「mymulaのうちにいたんだ〜」
「はい、今も多分、あっちにも現物はいるんじゃないかと思いますけど」
「ふうん」
しばらく沈黙があった。ミムラは抱いていたぎーちゃんを離した。ぎーちゃんは、手足のできたサッカーボールには手を出さず、じっと見つめていた。
ミムラはちょっとこの状況に困っていたし、サッカーボールもちょっとこの状況に困っているみたいだった。
サッカーボールは、起き上がってから、ふぅとため息をついて、膝を抱えて座った。手足は生えたものの顔がないので、イマイチ何を思っているか分からない。
「いいけど。好きなだけいてくれて」
ミムラは何となく沈鬱な雰囲気のサッカーボールにそう言ってみた。
「ありがとうございます。何か、ここに来てからいろいろ考えちゃって」
「そうなんだ」
「お邪魔にはならないと思うので」
「うん、いやホント、別にいいから、いてくれて」
そんなわけで、mymulaの大事な人の声をした、手足つきのサッカーボールが地区に住むことになった。

2017.5.31
「今、地区は変なところにつっこんでるね」
とnobodyが言った。
「そうだよね。少し前に気づいたんだけど、あれ」
と言って、ミムラは地区の真っ白な空の西の方を指さした。
「あんなでかでかと出てる」
そこには「中野真奈美さんのこと。」というグレーの文字が2行にわたって浮かんでいた。
nobodyは腕組みをして、
「莎九父はなんでこんなところに来たのかな」
と言ってみたが、地区を支えている巨大な亀の莎九父は応答する様子がなかった。
「莎九父にもコントロールできなかったのかもしれない」
nobodyはそう付け加えて、
「気をつけた方がいいかもな。13年ぶりに今回mymulaが地区にアクセスしてきた時点で、何かしらの危機感はあったんだろうけど、mymulaにとっておそらく今はあの頃以来の正念場なんだろう。地区を使いながら、うまく持ちこたえられるといいけど」
と言うと、地区wの方へ歩いていった。
「ミムラがいるから大丈夫って言いたい」
ミムラは下に伸ばした両手をぎゅっと握って、しっかり立った。